レーザー脱毛について。

###Site Name###

病院やクリニックで行う脱毛は、1980年から2000年になる前は針を使ったニードル脱毛が一般的に行われていましたが、現在では医療用のレーザーを用いた医療レーザー脱毛が主流となっています。

黒や茶色にだけ吸収されるレーザーを脱毛したい部位に照射すると、毛乳頭の黒色メラニンにレーザーが反応して熱を出し毛の生産工場である毛母を破壊するので、二度と毛は生えなくなります。医療レーザー脱毛は、毛の成長期にレーザーを照射することで永久脱毛にも繋がるといった、女性だけでなく脱毛を希望する男性にも適した脱毛方法です。

レーザーは黒色に反応するので、黒い毛が少ない退行期や休止期では脱毛効果がありません。

レーザーの効果が得られるのは「成長期」のみになります。

ですので、レーザー脱毛をする時は、身体のパーツによって異なる毛周期に合わせて照射を行うことが大切です。
レーザー脱毛は一度に広範囲の脱毛が可能ですので、実際に施術を受けた方からは想像していたより早く脱毛が完了したと言う声が多いのです。

永久脱毛に関する情報をまとめました。

心配の痛みも、輪ゴムでパチンと弾かれた程度で、十分に我慢できる範囲だと言われています。



医療レーザー脱毛は、たいへん安全な脱毛法で副作用や後遺症がほとんどないのですが、ごく稀に軽いやけどなどの症状が起こるケースがあります。



万が一肌トラブルが起こった場合でも、医療機関で施術を受けているので医師による診察が受けられ、薬が処方されるので非常に安心ですよ。